仮想通貨・ビットコインは電子マネーと何が違うの?

仮想通貨・ビットコインは非実在の通貨です。

では電子マネーとどう違うのかという疑問が湧いてくることかと思います。

今回は電子マネーとの違いについて、解説してきます。

ビットコインにはカードがない

SUICAやPASMOなどにはカードがあるかと思います。

皆さんが定期券などに入れているものですね。

ビットコインにはこのようなカードは存在しません。

お手元の携帯電話の画面に表示されるビットコインアドレスのQRコードを利用して決済や送金を行います。

ただ最近ではスマートフォンをかざすだけで決済ができるSUICAやビットコインデビットカードなど、そのあたりの境界線は曖昧になってきています。

ビットコインには管理者がいない

電子マネーにはその価値を保証する管理者がいます。

管理者の存在によって、電子マネーの価値が発生してます。

一方ビットコインにはそのような管理者は存在していません。ビットコインはネットワークに参加している全ての人々によって承認され監視されることによって、価値が発生しているのです。

ビットコインは独立した通貨

先に述べた管理者の存在とも重複する部分があるのですが、電子マネーの単位はあくまで「円」などの法定通貨をベースとしています。

それをSuicaならJR東日本、WAONならイオングループによって、形を変えて使えるようにしているのです。

ビットコインの単位は「BTC」であり、電子マネーよりもむしろ日本円と外貨との関係性に近いものがあります。その部分をとっても違う存在なのです。

ビットコインと電子マネーはその存在理由がぜんぜん違う(まとめ)

電子マネーはあくまで法定通貨をデジタルに変換したもの、ビットコインは全く新しい通貨です。

共通点といえば非実体ということだけなので、同じもののように考えるのはやめておいたほうがいいでしょう。。

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です