仮想通貨・ビットコインは現金と何が違うの?

ビットコインを始めとする仮想通貨は現金と何が違うのでしょうか。

この記事ではビットコインを中心にお手元の現金、法定通貨とどう違うのかについて解説してきたいと思います。

触れる現金、触れない仮想通貨・ビットコイン

一番分かりやすいのは「実体がある」か「実体がない」かということです。

皆様の目の前にある現金は紙幣にしろ、硬貨にしろ、実際に触れられると思います。

一方ビットコインはネット上に存在する通貨のため、触れることはできません。ウォレットと呼ばれる仮想の財布の中で保管されています。

銀行に預けたら現金でも触れないんじゃないの?

現金を銀行に預けたら、それは銀行のサーバー上に記録されている現金となります。この状態だと仮想通貨とどう違うのでしょうか?

現金を預けた場合、それを管理するのは銀行です。私たちは銀行に指示をして、現金をどこに動かすのか、支払いをするのかを決めます。

一方、ビットコインなどの仮想通貨はそれらの管理も自分で行います。送金する際も第三者を介することなく、直接相手に送ることができます。

非中央集権のビットコイン・仮想通貨

日本円は日本銀行、米ドルはFRBが発行しています。そのような形で現金と呼ばれる法定通貨にはその価値を担保するバックボーンが存在しています。

一方ビットコインではそのようなバックボーンはございません。そのような国や団体の管理監視を受けないため、世界中どこでも使うことができるのです。

ビットコイン・分散型ネットワーク

国や団体の担保がないビットコインですが、ではその価値はどのようにして発生しているのでしょうか。

それはビットコインのネットワークに参加している全員が、その取引履歴を管理監視することによって、価値を発生させているのです。

誰でも見れる取引履歴

ビットコインの特徴として、その取引履歴を世界中の誰もが全て閲覧することができます。

最初は誰が所持していて、何BTCが誰に渡って、その後…。

という感じで、全てが記録されています。

何かしら問題のある取引が発生した場合(ビットコインが誕生してから現在までそのような状況はありませんが)、どこで問題があったのかが一目瞭然なのです。

現金とビットコイン(まとめ)

個人的な意見として全ての現金・法定通貨がビットコインと置き換わることはないと思っています。それぞれ利点があるので、共存していく形になるでしょう。

特徴を理解して、便利に使っていきましょう。

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です