仮想通貨・ビットコインはなぜ価値が発生するの?

ビットコインなどの仮想通貨は実体のないデジタルな通貨です。

極論を言ってしまえば0と1と作られたヴァーチャルなものに過ぎません。

ではなぜそんなビットコインなどの仮想通貨に価値が生じて、価格が上がるのでしょうか。

通貨の価値は「信用」

まずは仮想通貨の話の前に私たちが日常生活で使っている法定通貨について考えてみましょう。

法定通貨というのは日本円や米ドルのことですね。

これはその通貨を発行している「国」の信用度のおかけで価値が発生しています。

国が自分のところの通貨はこれくらいの価値がありますよーという形で担保します。

その価値を信用するかどうかによって価格が上下するのです。

では仮想通貨の場合はどうでしょうか?

仮想通貨の信用は3つ

一口に仮想通貨と言っても1000種類以上もあるので、今回はもっとも流通量の多い仮想通貨「ビットコイン」を基準に説明していきますね。

不正・改ざんができない

ビットコインでは「ブロックチェーン」という技術を使っていて、一度記録された情報は誰も不正に書き換えを行ったり、改ざんすることができません。

さらに送金した結果などの取引履歴を全て記録しており、その記録は世界中の誰でも参照することができます。

取引履歴について誰も不正・改ざんができない、そのことが仮想通貨の価値を形成する一因となっています。

特定の国や機関の思惑を受けない

日本円や米ドルなどの法定通貨はその国が望めばいくらでも通貨を発行することができます。

通常は景気対策などで流通量を変化させることを行っていますが、時折特に戦争の際などに国の都合のよいように発行してしまうことがあります。

こうなってしまうとその通貨の価値は暴落し、紙幣が紙切れに、硬貨がおはじきになってしまいことがあります。

ビットコインではそのようなことがありません。誕生の瞬間から総発行量が決められており、その流通量も全て決まっています。

誰かの思惑が介入する余地がないというのが、仮想通貨の信用を作り上げています。

発行上限が決まっている

上にすでに述べているのですが、ビットコインは誕生の瞬間から発行上限が決まっています。

2100万BTCです。

上限が決まっていることにより、「希少価値」が生まれます。

これが価値の上昇につながるのです。

ビットコインは「金」に似ている(まとめ)

仮想通貨の価値の発生という部分について解説させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

実はビットコインは通貨というよりも「金」に近いものがあります。

希少価値によって価格が上昇してくという部分ですね。

仮想通貨について知りたくなったときには、その通貨の価値はなぜ発生しているのかをいうことを念頭に考えてみると新しいことが分かるかもしれません。

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です